人生そのものの問い
 日々の暮らしのなかで、人間関係に疲れた時、自分や家族が大きな病気になった時、身近な方が亡くなった時、
「人生そのものの問い」 が起こる。「いったい何のために生きているのか」 「死んだらどうなるのか。」
 この問いには、人間の知識は答えを示せず、積み上げてきた経験も役には立たない。
 目の前に人生の深い闇が口を開け、不安のなかでたじろぐ時、阿弥陀如来の願いが聞こえてくる。
 親鸞聖人は仰せになる。
弥陀の誓願は無明長夜のおほきなるともしびなり
「必ずあなたを救いとる」 という如来の本願は、煩悩の
闇に惑う人生の大いなる灯火となる。この灯火をたよりと
する時、「何のために生きているのか」 「死んだらどうなる
のか」、この問いに確かな答えが与えられる。